banner

公教育よりも、塾・予備校が大切かもしれません

日本の社会では小学校と中学校がいわゆる義務教育期間として定められています。
公教育の現場では、何かと平等という考え方が優先されます。
俗に言う落ちこぼれの生徒には手厚い教師のフォローが行き届きますが、その一方で学習意欲が豊富な子どもたちが担任教師から冷遇される事があります。
より難しい課題やテストを要求する学習意欲が豊富な生徒は、公教育の現場で煙たがられており、時として「浮きこぼれ」という状態に陥ります。
現実問題として、学級の運営で精一杯の教師に、優れた学習指導を求めるのは酷かもしれません。
そのため塾・予備校に大事な我が子を託す保護者も珍しくありません。
家庭で指導するという方法もありますが、せっかく今では優れた学習支援サービスが、街に用意されているのです。
浮きこぼれの生徒でも、よりハイレベルなレッスンが受けられる塾・予備校に、通学すれば、あっという間に目に輝くが戻るでしょう。
公教育だけが学びではなく、放課後の指導こそが真の学びなのです。

Copyright © 塾・予備校で偏差値を上げよう! All Rights Reserved.