banner

自分の学力に合った勉強を

私の娘は小学生の頃から塾に通っていて、低学年では国語と算数を、高学年からは英語を習っていました。
学校教育だけではだめなのかという議論はよくありますが、正直、学校だけの授業では不安があります。
特に、公立の学校ではいろいろな生徒がいるので、レベル別に学ぶことができません。
また、最近は荒れている学校も多いので、なかなか授業が計画的に進まないこともあるようです。
しかし、塾では自分の学力に応じた授業を受けることができるので効率的です。
娘は高校生になると、予備校に通い始めました。
やはり、高校の授業だけでは大学受験に対応できないからです。
塾・予備校の良いところは、勉強に集中できること、まさに「教える」のプロに教わることができること、そして受験の情報をたくさん得ることができるところにあると思います。
学校教育だけですむのなら、本来であればそうしたいところですが、今の時代はなかなか難しいようですね。
塾・予備校を上手に利用するのが一番だと思います。

Copyright © 塾・予備校で偏差値を上げよう! All Rights Reserved.